和名:アオミノエンレイソウ(青実の延齢草)、エンレイソウ(延齢草)、タチアオイ(立葵)

学名:Trillium apetalon var. apetalon

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、単子葉類、ユリ目、シュロソウ科、エンレイソウ属

生活環:多年草

形態:直立型。高さ20~40cm。地下の塊茎から地上部を1~数個出す。

茎:塊茎がある。

葉:3輪生、茎頂につける。1つのシュートが1年につける葉は3枚のみ。丸みを帯びた菱型、長さ10~17cm。先は尖る。全縁。

花:横向きに咲く。花弁はない。萼片は3枚、長さ1~2cm、小豆色または緑色。

果実:球形。稜がある。緑色。種子にはエライオソームがあり、アリに運搬散布される。

生育環境:明るくやや湿った林内。

分布:日本、サハリン、南千島。日本国内では北海道、本州、九州に分布する。

用途:果実を食用。塊茎を薬用。