名前の由来には、燃やした後の灰から灰汁を作ったためアクシバ(灰汁柴)と呼ばれる等の説があります。同属にブルーベリーがあり、アクシバの果実も同様に食べられます。

和名 アクシバ(灰汁柴)、アカワンノキ、ハナシキビ、ヨメハンノナミダ

生薬名 —

アイヌ語名 —

英語名 —

学名
Vaccinium japonicum Miq.
Hugeria incisa F.Maek.
Hugeria japonica (Miq.) Nakai
Oxycoccoides japonicus (Miq.) Nakai
Oxycoccus japonicus (Miq.) Makino
Vaccinium erythrocarpum ssp. japonicum (Miq.) Kloet
Vaccinium japonicum f. incisum (F.Maek.) T.Yamaz.

観察難易度 ★★★☆☆

分類
門  :被子植物門
無階級:真正双子葉類
無階級:コア真正双子葉類
無階級:キク類
目  :ツツジ目
科  :ツツジ科
亜科 :スノキ亜科
属  :スノキ属
種  :アクシバ

分布 日本、朝鮮半島南部、中国、台湾。日本は全国に分布するが日本海側に多い。

生育環境 林内、林縁。酸性土壌。水はけのよい環境を好む。

生活環 落葉樹。

全体の特徴 高さ50~100cm。

 —

 —

 互生。卵形。長さ2~6cm。細鋸歯縁。先は尖る。表側は葉脈が細かい網目状に窪む。

 花茎は葉腋に1個ずつつく。花冠は淡紅白色、先が4深裂し外側に強く巻き込む。花期は6~7月。

果実 液果。球形。径5~6mm。赤色。9~10月に成熟する。

種子 —

見分けのポイント —

成分 —

用途 庭園樹。果実は食用。

法規制等
環境省レッドデータブック2014(環境省):なし
北海道レッドデータブック2001(北海道):なし
文化財保護法(日本):なし
北海道文化財保護条例(北海道):なし
世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合):なし
日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会):なし
外来生物法(日本):なし
生態系被害防止外来種リスト(環境省):なし
北海道ブルーリスト2010(北海道):なし