林内で時々見られます。花はつけ根の白色から先端の青紫色へとグラデーションになっています。手稲山の登山道沿いで小さな群落を作っていました。

和名:エゾタツナミソウ(蝦夷立浪草)

英語名:—

学名:Scutellaria pekinensis var. ussuriensis

観察難易度:★★★☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、キク類、真正キク類I、シソ目、シソ科、タツナミソウ属

生活環:多年草

形態:高さ15~40cm。

茎:断面は四角形。

葉:対生。葉身は卵状三角形、長さ2~4cm、鋸歯縁。ほぼ無毛。

花:穂状花序。小花は長さ2cm。綿毛が密生する。花冠はつけ根が白色、先端が青紫色。下唇に青紫色の斑点がある。花期は6~8月。

生育環境:林内

分布:日本、朝鮮半島、中国東北部、ウスリー、南千島。日本国内では北海道、本州(中部、北部)に分布する。

用途:—

法規制等:—

見分けのポイント:—