クジャクが羽を広げたような姿の、大変美しいシダです。林内で時々見られます。クジャクシダを含むイノモトソウ科ホウライシダ属は、総称としてアジアンタムと呼ばれ、観賞用に広く流通しています。

和名:クジャクシダ(孔雀シダ)、クジャクソウ(孔雀草)、ヨメノヌリバシ(嫁の塗り箸)

英語名:Northern maidenhair fernfive-fingered fern

学名:Adiantum pedatum, Adiantum pedatum var. aleuticum, Adiantum pedatum f. billingsae, Adiantum pedatum var. kamtschaticum, Adiantum pedatum f. laciniatum, Adiantum pedatum ssp. pedatum, Adiantum pedatum var. pedatum, Adiantum pedatum f. pedatum

観察難易度:★★★☆☆

分類:シダ植物門、シダ綱、ウラボシ目、イノモトソウ科、ホウライシダ属

生活環:夏緑性

形態:根茎から葉を叢生させる。高さ30~60cm。

葉:羽軸が二又分枝を繰り返し、全体が扇形になる。若い葉は赤味を帯びることがある。

ソーラス:小羽片の先端につく。

生育環境:林内

分布:東アジア、ヒマラヤ、北アメリカ。日本国内では北海道、本州、四国(一部)、九州(一部)に分布する。

用途:観賞用

法規制等:

見分けのポイント:葉形が扇状になる。