北海道で最もよく出会う自生のユリです。山の中の斜面で、群生せずに1株だけで生えていることが多いです。葉が1ヶ所から5~10枚出る特徴があり、まず見間違えることはありません。

和名 クルマユリ(車百合)、カサユリ(笠百合)

生薬名 百合(ひゃくごう、びゃくごう)

アイヌ語名 イマキアネ

英語名 —

学名
Lilium medeoloides A.Gray
Lilium avenaceum Fisch. ex Maxim.
Lilium sado-insulare Masam. & Satomi
Lilium medeoloides f. atropurpureum Okuyama

観察難易度 ★★★☆☆

分類
門  :被子植物門
無階級:単子葉類
目  :ユリ目
科  :ユリ科
属  :ユリ属
種  :クルマユリ

分布 日本、サハリン、千島列島、カムチャツカ半島、朝鮮半島、中国。日本国内では北海道、本州(中部以北)、四国に分布する。

生育環境 低地~亜高山。林縁、草地。傾斜地でよく見かける。

生活環 多年草。

全体の特徴 花期には高さ40~80cm。未熟で花をつけない個体はもっと低い。群生しない。

 —

 地下に鱗茎がある。地上茎は直立し、分枝しない。

 輪生。5~10個つく。1~3段になる。葉身は披針形、長さ5~15cm。全縁。

 径5cm。花被片は橙色、大きく反り返る。花期は6~8月。

果実 蒴果。倒卵形。長さ1.5~2cm。

種子 —

見分けのポイント 葉は5~10輪生。披針形。全縁。

成分 —

用途 観賞用。鱗茎は食用、薬用。

法規制等
環境省レッドデータブック2014(環境省):なし
北海道レッドデータブック2001(北海道):なし
文化財保護法(日本):なし
北海道文化財保護条例(北海道):なし
世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合):なし
日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会):なし
外来生物法(日本):なし
生態系被害防止外来種リスト(環境省):なし
北海道ブルーリスト2010(北海道):なし

写真はクリックで拡大できます。