亜高山の林内で時々見られます。低地には生育せず、公園等に植えられることもないため、出会う機会は少ないかもしれません。同属に、弓の材料になるマユミ、生垣に使われるニシキギがあります。

和名 クロツリバナ(黒吊花)、ムラサキツリバナ(紫吊花)

英語名 —

学名
Euonymus tricarpus Koidz.
Euonymus latifolius var. planipes Koehne
Euonymus macropterus var. miniatus (Tolm.) Vorosch.
Euonymus maximowiczianus (Prokh.) Vorosch.
Euonymus miniatus Tolm.
Euonymus planipes (Koehne) Koehne
Euonymus robustus Nakai
Euonymus sachalinensis (F.Schmidt) Maxim.
Kalonymus maximowicziana Prokh.
Kalonymus miniata (Tolm.) Prokh.
Kalonymus sachalinensis (F.Schmidt) Prokh.
Turibana planipes (Koehne) Nakai
Turibana sachalinensis (F.Schmidt) Nakai
Turibana tricarpa (Koidz.) Nakai

観察難易度 ★★★☆☆

分類
門  :被子植物門
無階級:真正双子葉類
無階級:コア真正双子葉類
無階級:バラ類
無階級:真正バラ類I(マメ類)
目  :ニシキギ目
科  :ニシキギ科
属  :ニシキギ属
種  :クロツリバナ

分布 日本、サハリン。日本国内では北海道、本州中部以北に分布する。

生育環境 亜高山。

生活環 落葉樹。

全体の特徴 高さ4~5m。

 灰色、平滑。当年枝は緑色、平滑。

 対生。葉身は楕円形、長さ5~12cm。先は急に尖る。細鋸歯縁。表側の脈は凹む。

 集散花序。小花は径8mm。花弁は5個、暗紫色。花期は6~7月。

果実 蒴果。扁球形。3~4個の翼がある。赤色。9~10月に成熟し、3~4個に裂開する。

種子 橙赤色の仮種皮に覆われる。

見分けのポイント 花弁は暗紫色。果実は3~4個の翼がある。

成分 —

用途 —

法規制等
環境省レッドデータブック2014(環境省):なし
北海道レッドデータブック2001(北海道):なし
世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合):なし
日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会):なし
生態系被害防止外来種リスト(環境省):なし
北海道ブルーリスト2010(北海道):なし

写真はクリックで拡大できます。