和名:ゲンノショウコ(現証拠、現の証拠)、ゲンソウ(玄草)、ミコシグサ(神輿草)

英語名:Thunberg’s geranium

学名:Geranium thunbergii

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、バラ類、真正バラ類II、フウロソウ目、フウロソウ科、フウロソウ属

生活環:多年草

形態:匍匐型。高さ30~60cm。

茎:開出毛が密生する。

葉:互生。掌状に3~5深裂。裂片はさらに裂ける。

花:2個ずつつく。花弁は白色、ピンク、赤色。関東では赤色が好まれて採取され続けた結果白い個体が増え、関西では白色が好まれて採取され続けた結果赤色の個体が増えたとされる。北海道ではどちらもよく見られる。

果実:蒴果。裂開し種子を飛ばす。裂開後の果実の形が神輿の屋根に似ることからミコシグサ(神輿草)の名がある。

生育環境:日当たりの良い草地を好む。道端等。

分布:日本、朝鮮半島、中国。日本国内では北海道、本州、四国、九州に分布する。

用途:薬用。実際に効能があるという意味からゲンノショウコ(現の証拠)の名がある。

見分けのポイント: