クマシデ属の総称としてシデとも呼ばれます。果序はホップの果序や松ぼっくりを細長くしたような特徴的な形をしており、一目でそれとわかります。

和名:サワシバ(沢シバ)、サワシデ(沢四手、沢椣)、シデ(四手、椣)

学名:Carpinus cordata

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、バラ類、真正バラ類I、ブナ目、カバノキ科、クマシデ属

生活環:落葉樹

形態:高木。高さ12m。

樹皮:ごく浅く縦に裂ける。

葉:互生。卵形~卵状心形。長さ7~14cm。基部は心形。急鋭尖頭。細鋸歯縁。側脈は直線で平行、15~20対。

花:雌雄異花。雌花序と雄花序がある。雌花序は緑色、長さ2~4cm。雄花序は緑黄色、長さ3~5cm。花期は5月。

果実:円柱形。ホップの果序やマツ科の球果を細長くしたような形をしている。

生育環境:沢沿い。

分布:日本、朝鮮半島、中国。日本国内では北海道、本州に分布する。

用途:器具材、床柱、シイタケの原木。