公園や神社等によく植えられています。葉先が尖ることや、葉裏の白い気孔線が三角形等の尖った形になることで見分けられます。

和名:サワラ(椹)

英語名:Sawara cypress

学名:Chamaecyparis pisifera

観察難易度:★★☆☆☆

分類:裸子植物門、マツ綱、ヒノキ目、ヒノキ科、ヒノキ属

生活環:常緑樹

形態:高木。高さ30m。

樹皮:縦に細く薄く裂ける。

葉:鱗片状。先は尖る。裏面に白い気孔線があり、三角形等の尖った形になる。

花:雌雄異花。雌花は球形、径3mm、淡褐色。雄花は楕円形、長さ3mm、紫褐色。花期は5月。

球果:球形。径6~7mm。初め緑色、後に黄褐色になる。表面はでこぼこしている。10月に成熟する。

生育環境:人為的に植えられる。

分布:日本固有種。本州、九州に分布する。

用途:庭園樹、公園樹、社寺林。盆栽。建築材、器具材。

見分けのポイント:葉先は尖る。葉裏の白い気孔線は三角形等の尖った形になる。