日本にのみ分布し、北海道を含む各地で絶滅危惧種に指定されています。キンポウゲ科シラネアオイ属で唯一の種です。シラネアオイ科として分けられることがあり、その場合はシラネアオイ科で唯一の種となります。

和名 シラネアオイ(白根葵)、ヤマフヨウ(山芙蓉)、ハルフヨウ(春芙蓉)

英語名 Japanese wood poppy

学名
Glaucidium palmatum Siebold et Zucc.
Glaucidium paradoxum Makino
Glaucidium pinnatum Finet & Gagnep.
Hydrastis jezoensis Siebold ex Miq.

観察難易度 ★★★☆☆

分類
門  :被子植物門
無階級:真正双子葉類
目  :キンポウゲ目
科  :キンポウゲ科
属  :シラネアオイ属
種  :シラネアオイ

分布 日本固有種。北海道、本州(中部以北)に分布する。

生育環境 山地~亜高山。やや明るい環境を好む。林内、草地。

生活環 多年草。発芽後数年間は小さな葉を1枚のみつけるが、成熟すると茎葉を2個つけ、開花するとさらに苞葉を1個つける。

全体の特徴 高さ20~50cm。長い根茎から所々で地上部を出し、群生する。

 地下に根茎がある。

 互生。成熟個体では茎葉が2個つく。葉身は腎円形、7~11中裂、長さ15~30cm。表裏側とも有毛。長い葉柄がある。

 茎の先に1個つく。花弁はない。萼片は4個、淡紫色。雌蕊は2個。雄蕊は多数。苞葉は円形、茎葉に似るが無柄。花期は4月下旬~6月。

果実 袋果。2個が合着する。

見分けのポイント —

成分 —

用途 観賞用。

法規制等
環境省レッドデータブック2014:なし
北海道レッドデータブック2001:絶滅危急種(Vu)
世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合):なし
日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会):なし
生態系被害防止外来種リスト(環境省):なし
北海道ブルーリスト2010(北海道):なし

写真はクリックで拡大できます。