初春の雪解け直後、まだ他の植物が十分に成長していない頃葉を広げ開花するため、遠くからでもよく目立ちます。よく間違えられるものに近縁のスノードロップ(ガランサス属)があります。

和名:スノーフレーク、オオマツユキソウ(大待雪草)、スズランスイセン(鈴蘭水仙)

英語名:summer snowflake, Loddon lily

学名:Leucojum aestivum

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、単子葉類、キジカクシ目、ヒガンバナ科、スノーフレーク属

生活環:多年草

形態:ロゼット型。他kさ15~50cm。

葉:線形。

花:花弁は6個、先端に緑色の斑点がある。花期は4月。

生育環境:人為的に植えられる。草地等に逸出していることがある。やや湿った水はけの良い環境を好む。

分布:原産地はヨーロッパ。日本に帰化している。

用途:観賞用。