ヨーロッパクロポプラから選抜された品種です。独特の細長い樹形に育つため、遠くからでもよくわかります。ポプラはヤナギ科ヤマナラシ属の総称ですが、単にポプラというとセイヨウハコヤナギを指す場合が多いです。

和名:セイヨウハコヤナギ(西洋箱柳)、イタリアポプラ、イタリアヤマナラシ(イタリア山鳴らし)、ポプラ

英語名:Lombardy poplar

学名:Populus nigra L. var. italica Moench

観察難易度:★☆☆☆☆

分類
門:  被子植物門
無階級:真正双子葉類
無階級:コア真正双子葉類
無階級:バラ類
無階級:真正バラ類I
目:  キントラノオ目
科:  ヤナギ科
属:  ヤマナラシ属
種:  ヨーロッパクロポプラ
変種: セイヨウハコヤナギ

生活環:落葉樹

形態:高さ20~30m。細長い樹形になる。

樹皮:灰色。縦に深く裂ける。

葉:互生。葉身は広三角形~菱状広三角形、長さ4~12cm。細かい鈍鋸歯縁。葉柄は長さ2~5cm。

花:雌雄異株。尾状花序。花序は長さ4~10cm。花期は4~5月。

生育環境:北海道では人為的に植えられる。

分布:原産地はない。

用途:街路樹、公園樹、特に並木にされる。防風林。器具材、パルプ材。

法規制等:北海道ブルーリスト(カテゴリーB)

見分けのポイント:独特の細長い樹形になる。