ススキの園芸品種です。葉は2~3cm間隔で斑があり、タカの羽に似ています。

和名:タカノハススキ(鷹葉薄、鷹葉芒)、ヤハズススキ(矢筈薄、矢筈芒)

英語名:Zebra grass

学名:Miscanthus sinensis ‘Zebrinus’

観察難易度:★★★☆☆

分類:被子植物門、単子葉類、ツユクサ類、イネ目、イネ科、ススキ属

生活環:多年草

形態:叢生型。高さ1~2m。

茎:短い地下茎がある。

葉:幅6~20mm。中央脈が白く目立つ。縁はざらつく。斑は葉を横断する、淡黄色、2~3cm間隔。

花:小花の護頴に長さ1cm以上の芒がつく。花期は7月下旬~9月。

生育環境:人為的に植えられる。

分布:なし。

用途:観賞用。