低地から山地の湿った場所で時々見られます。同属に、染料になるアイ(藍)があります。ソバと名がつきますが、ソバ(タデ科ソバ属)は同科別属にあたります。

和名:タニソバ(谷蕎麦)

英語名:

学名:Persicaria nepalensis

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、ナデシコ目、タデ科、イヌタデ属

生活環:一年草

形態:分枝型または匍匐型。高さ10~50cm。

茎:よく分枝する。赤味を帯びる。無毛。

葉:互生。卵形~狭卵形。先は尖る。上部では無柄、茎を抱く。下部では有柄、翼がある、茎を抱く。

花:枝先や葉腋に小さな総状花序をつける。花被は先が4裂、長さ3mm。花被の色は白色、緑色、淡紅色等の変異がある。花期は8~10月。

果実:レンズ形。

生育環境:低地~山地。湿った環境を好む。

分布:東アジア、アフリカ。日本国内では北海道、本州、四国、九州に分布する。ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカに帰化している。

用途:—

法規制等:—

見分けのポイント:—