よく見られるアザミ属の1種です。葉の裂け方は鋸歯縁~羽状中裂と変化が大きく、つく位置や個体によって異なります。

和名:チシマアザミ(千島薊)

英語名:Kamchatka thistle

学名:Cirsium kamtschaticum

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、キク類、キク目、キク科、アザミ属

生活環:多年草

形態:直立型。高さ80~200cm。

葉:互生。鋸歯縁~羽状中裂と変化が大きい。縁に鋭い棘がある。根出葉は花時には枯れる。

花:頭状花序、筒状花のみで舌状花はない、下向きにつく、径4~5cm。総苞に蜘蛛毛がある。花期は6~9月。

生育環境:日当たりの良い環境を好む。林縁、草地等。

分布:日本、ロシア東部、アリューシャン列島。日本国内では北海道に分布する。