和名:ツノハシバミ(角榛)、ナガハシバミ(長榛)

学名:Corylus sieboldiana

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、バラ類、真正バラ類I、ブナ目、カバノキ科、ハシバミ属

生活環:落葉樹

形態:低木。高さ3~4m。

葉:互生。広倒卵形。長さ5~11cm。先は急に尖る。新葉や若木の葉には赤い斑が入ることが多い。

花:雌雄異花。花期は4月。雌花序は花が数個集まる。雄花序は尾状花序。

果実:総苞が筒状に果実を包み特徴的な形になる、刺毛を密生、長さ3~5cm。総苞の中に堅果がある。10月に成熟する。

生育環境:山林。

分布:日本、朝鮮半島、北海道(日本海側)

用途:種子を食用。

解説:果実を包む総苞が特徴的な形になる。ヘーゼルナッツをつけるセイヨウハシバミと同属。

見分けのポイント:春先は葉に斑が入り、見分けやすい。夏以降は、結実していれば特徴的な形の総苞がある。