食材として流通しているクルミはほとんどがこのテウチグルミです。栽培される他、河原等に生えていることがあります。緑色の果実(外果皮)を剥くと、中にゴツゴツした殻(内果皮)があり、これを割ると中に食用になる種子があります。緑色の果実にはタンニンが多く含まれ、素手で触ると手が真っ黒になりますので、汚れてもよい軍手等をして触るようにしましょう。

和名:テウチグルミ(手打ち胡桃)、カシグルミ(菓子胡桃)

英語名:Persian walnut, English walnut

学名:Juglans regia var. orientis

観察難易度:★★★☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、バラ類、真正バラ類I、ブナ目、クルミ科、クルミ属

生活環:落葉樹

形態:高木。高さ15m。

樹皮:平滑。灰白色。

葉:互生。奇数羽状複葉、側小葉は1~4対。長さ15~40cm。小葉は楕円形~広楕円形、全縁。

花:雌雄異花。雌花は淡黄緑色、1ヶ所に複数つくが成熟するのは2~5個程度。雄花序は尾状、淡黄色。花期は5月。

果実:核果。球形。径4~5cm。緑色で水分の多い外果皮の中に、硬くゴツゴツした内果皮(殻)があり、その中に食用になる種子が入っている。10月に成熟する。

生育環境:河原等。また栽培される。

分布:原産地はイラン。日本に帰化している。

用途:種子を食用。材は家具、器具用。