春の七草のひとつに数えられる等、日本文化に深く根付いています。ユーラシア~北アフリカ原産で、日本には有史以前に侵入した史前帰化植物と考えられています。

和名:ナズナ(薺)、ペンペングサ(ペンペン草)、シャミセングサ(三味線草)

英語名:shepherd’s purse

学名:Capsella bursa-pastoris

観察難易度:★☆☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、バラ類、真正バラ類II、アブラナ目、アブラナ科、ナズナ属

生活環:越年草

形態:直立型。高さ10~50cm。

葉:互生。根出葉は羽状深裂、長さ10cm。茎葉は楕円形~披針形、裂けない、茎を抱く。

花:総状花序。花弁は4個、白色。花期は5~7月。

果実:短角果。ハート型。

生育環境:日当たりの良い環境を好む。草地、道端、畑、空き地等。

分布:原産地はユーラシア、北アフリカ。日本を含む世界中に広く帰化している。

用途:食用、特に春の七草として七草粥の材料。薬用。果序は子どもの玩具(果柄を折り曲げてから果序を振り、でんでん太鼓の様に音を鳴らす)。

法規制等:—

見分けのポイント:果実はハート型。