園芸種のハナショウブはノハナショウブから作られました。各地のあやめまつりで展示されていることがあります。菖蒲湯に使われるショウブ(ショウブ科)は、名前が似ていますが近縁ではありません。

和名 ノハナショウブ(野花菖蒲)

英語名 —

学名
Iris ensata Thunb. var. spontanea (Makino) Nakai ex Makino et Nemoto
Iris ensata Thunb.
Iris ensata f. alba Y.N.Lee
Iris graminea Thunb.
Iris kaempferi Siebold ex Lem.
Iris smithii Lynch
Limniris ensata (Thunb.) Rodion.

観察難易度 ★★★☆☆

分類
門  :被子植物門
無階級:単子葉類
目  :クサスギカズラ目
科  :アヤメ科
属  :アヤメ属
種  :ノハナショウブ

分布 日本、朝鮮半島、中国。日本国内では北海道、本州、四国、九州に分布する。

生育環境 海岸~山地。湿った草原、湿原。

生活環 多年草。

全体の特徴 高さ40~80cm。しばしば群生する。

 —

 葉身は剣状、長さ20~60cm、幅5~15mm。主脈が目立つ。

 径10cm。花被片は若干赤味を帯びた紫色。外花被片は楕円形、基部に黄色い斑がある、網目模様はない。内花被片は長楕円形、直立する。花期は7~8月。

果実 蒴果。楕円形。長さ2~3cm。

種子 —

見分けのポイント 外花被片基部に黄色い斑があり、網目模様はない。内花被片は長楕円形。葉は主脈が目立つ。

成分 —

用途 観賞用。ハナショウブの改良に使われる。

法規制等
環境省レッドデータブック2014(環境省):なし
北海道レッドデータブック2001(北海道):なし
世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合):なし
日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会):なし
生態系被害防止外来種リスト(環境省):なし
北海道ブルーリスト2010(北海道):なし

写真はクリックで拡大できます。