根が手の平の形になるテガタチドリ(ラン科テガタチドリ属)に対して、細長く伸びることからノビネチドリ(延根千鳥)の名があります。花が白色の個体と紫色の個体があります。

和名 ノビネチドリ(延根千鳥)

英語名 —

学名
Neolindleya camtschatica (Cham.) Nevski
Platanthera camtschatica (Cham.) Makino
Galearis camtschatica (Cham.) X.H.Jin, Schuit. & W.T.Jin
Gymnadenia camtschatica (Cham.) Miyabe et Kudô
Gymnadenia decipiens (Lindl.) Schltr.
Gymnadenia vidalii Franch. & Sav.
Neolindleya decipiens (Lindl.) Kraenzl.
Orchis camtschatica Cham.
Platanthera decipiens Lindl.

観察難易度 ★★★☆☆

分類
門  :被子植物門
無階級:単子葉類
目  :クサスギカズラ目
科  :ラン科
亜科 :チドリソウ亜科
属  :ノビネチドリ属
種  :ノビネチドリ

分布 日本、サハリン、カムチャツカ半島、朝鮮半島。日本は北海道、本州(中部以北)、四国に分布する。

生育環境 低山~亜高山。日当たりが良く、やや湿った環境を好む。林縁、登山道沿い。

生活環 多年草。

全体の特徴 高さ25~60cm。分枝しない。

 細長く伸びる。

 分枝しない。

 互生。葉身は長楕円形、長さ7~15cm。縁は細かく波打つ。

 穂状花序。花弁は白色の個体と淡紅紫色の個体がある。距は長さ3~4mm、前方に向かって曲がる。花期は5~6月。

見分けのポイント —

成分 —

用途 観賞用。

法規制等
環境省レッドデータブック2014:なし
北海道レッドデータブック2001:なし
世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合):なし
日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会):なし
生態系被害防止外来種リスト(環境省):なし
北海道ブルーリスト2010(北海道):なし

写真はクリックで拡大できます。