和名:ハチジョウナ(八丈菜)

学名:Sonchus brachyotus

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、キク類、真正キク類II、キク目、キク科、ノゲシ属

生活環:多年草

形態:直立型。高さ1m。

葉:互生。根出葉は花期には枯れる。茎葉は長楕円形、長さ10~20cm、鋸歯縁、まれに羽状浅裂。

花:頭状花序。径3.5cm。舌状花のみで、筒状花はない。花期は8~9月。

果実:綿毛状に変化した萼片がつく。

生育環境:海岸近くに多い。草地、荒れ地、道端等。

分布:アジア北部に広く分布する。日本国内では北海道、本州、四国、九州に分布する。

解説:八丈島原産と思われたことからハチジョウナの名がついた。