防腐性と芳香のあるヒノキチオールを非常に多く含むため、高級な材木として流通しています。特に輪島塗の木地としてなくてはならないものです。石川県ではアテと呼ばれ、県の木に指定されています。

和名:ヒノキアスナロ(檜翌檜、桧翌桧)、アテ(档 )、ヒバ(檜葉、桧葉)

英語名:—

学名:Thujopsis dolabrata var. hondai

観察難易度:★★★☆☆

分類:裸子植物門、マツ綱、マツ目、ヒノキ科、アスナロ属

生活環:常緑樹

形態:高木。高さ20~30m。

樹皮:灰褐色。薄く縦に剥がれる。

葉:対生。鱗片状。裏面には白色で面状に広がる気孔線がある。

花:雌雄異花。雌花は球形、径6mm、黄緑色。雄花は楕円形、長さ5mm、紫褐色。花期は5月上旬。

球果:球形。径1.5~2cm。褐色。種鱗片はわずかに突起する。9~10月に成熟する。

生育環境:山林。

分布:北海道(南部)、本州(北部)に分布する。

用途:建築材、器具材、特に輪島塗の木地として必要不可欠。庭園樹、公園樹。

法規制等:—

見分けのポイント:葉裏の白い気孔線は面状に広がっている。アスナロより葉が小さい。