やや日当たりの良い林等に生育します。背が低いため落ち葉等の影に隠れていることも多いです。1株見つけたら、周囲の落ち葉をかきわけて探してみると良いでしょう。

和名:フデリンドウ(筆竜胆)

英語名:—

学名:Gentiana zollingeri

観察難易度:★★★☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、キク類、真正キク類I、リンドウ目、リンドウ科、リンドウ属

生活環:越年草。緑色の苗の状態で越冬する。

形態:直立型。高さ5~10cm。

茎:稜がある。

葉:対生。卵形~広卵形。長さ5~15mm。無柄。全縁。先が尖る。葉裏は紅紫色。

花:花冠は径15mm、青紫色、先が大きな5個の裂片と小さな5個の副片に分かれる。日光が当たっている時に開き、曇天時や夜間は閉じる。花期は5~6月。

果実:水に濡れると先端が開く。先端に渦巻き状の花柱が残る場合がある。

生育環境:やや日当たりの良い環境を好む。林道沿い、乾いた草原等。

分布:日本、朝鮮半島、中国、サハリン。日本国内では北海道、本州(中部、北部)に分布する。

用途:—

法規制等:—