日本最大の葉をもつ木と言われます。正確には、日本在来の木の中で、単葉(細かいパーツに分かれていないタイプの葉)の長さが最長です。観察しにくいですが、花、果実、冬芽もかなり大きいです。伝統料理、木材、薬として大活躍です。

和名 ホオノキ(朴の木)、ホウノキ、ホオ(朴)、ホオガシワ(朴柏)

生薬名 厚朴(こうぼく)、和厚朴(わこうぼく)

アイヌ語名 プシニ

英語名 Japanese cucumber tree, Japanese bigleaf magnolia, Japanese whitebark magnolia

学名
Magnolia obovata Thunb.
Houpoea obovata (Thunb.) N.H.Xia & C.Y.Wu
Magnolia glauca Thunb.
Magnolia hirsuta Thunb.
Magnolia honogi P.Parm.
Magnolia hoonoki Siebold
Magnolia hypoleuca Siebold & Zucc.

観察難易度 ★★☆☆☆

分類
門  :被子植物門
無階級:モクレン類
目  :モクレン目
科  :モクレン科
属  :モクレン属
種  :ホオノキ

分布 日本、千島列島、朝鮮半島、中国。日本国内では、沖縄を除く北海道~九州に分布する。

生育環境 低地~山地。林内。

生活環 落葉樹。

全体の特徴 高さ20m。日本在来の木本の中で、単葉の長さが最大。

 —

 樹皮は灰白色、平滑、皮目がある。

 互生。葉身は倒卵状長楕円形、長さ20~40cm。全縁。日本在来の木本の中で、単葉の長さが最大。

 花弁は黄白色、6~9個。径15cm。芳香がある。花期は6月。

果実 袋果。長楕円形。長さ10~15cm。赤褐色。やや刺激的な芳香がある。10月に成熟し裂開する。

種子 朱色。

見分けのポイント 日本在来の木本の中で、単葉の長さが最大。

成分 —

用途 公園樹、庭園樹。葉は芳香と殺菌作用があるため、食器の代用、朴葉味噌、朴葉寿司、朴葉餅に使われる。樹皮は薬用。幹は彫刻、版木、下駄、まな板、日本刀の鞘に使われる。

法規制等
・環境省レッドデータブック2014(環境省):なし
・北海道レッドデータブック2001(北海道):なし
・文化財保護法(日本):なし
・北海道文化財保護条例(北海道):なし
・世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合):なし
・日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会):なし
・外来生物法(日本):なし
・生態系被害防止外来種リスト(環境省):なし
・北海道ブルーリスト2010(北海道):なし

写真はクリックで拡大できます。