和名:ミズナラ(水楢)、オオナラ(大楢)

学名:Quercus crispula

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、バラ類、真正バラ類I、ブナ目、ブナ科、コナラ属

生活環:落葉樹

形態:高木。高さ30m。

葉:互生。枝先にはまとまってつく。倒卵状長楕円形。長さ7~20cm。大きな鋸歯縁。ごく短い柄がある。

花:雌雄異花。花期は5~6月。雌花序は新枝の先の方に1~3個つく。雄花序は新枝のつけ根の方につく、尾状花序、黄緑色、長さ6~8cm。

果実:堅果。どんぐりと呼ばれる。長楕円形~楕円形。総苞は殻斗となる。総苞片は密に並ぶ。ネズミ等の食料として重要なため、豊作か不なりかによって地域全体の生態系に大きな影響がある。

生育環境:山林

分布:日本、千島、サハリン

用途:高級家具材、建築材、器具材、公園儒、シイタケの原木。

見分けのポイント
北海道で見られるブナ科コナラ属は主に以下の4種。すべてドングリがなる。葉に注目すると見分けやすい。
アカナラ:葉は特徴的な羽状中裂~羽状深裂。公園等に人為的に植えられる。
ミズナラ:葉は倒卵状長楕円形。鋸歯はカシワより小さく、尖る。山地に生育する。最もよく見られる。
カシワ:葉は特徴的な波状鈍鋸歯縁。鋸歯はミズナラより大きく、円い。秋に枯れた葉は最も遅く春まで枝上に残る。海岸に純林を作る。
コナラ:葉は最も小さく、鋸歯も最も小さい。石狩低地帯以南に分布する。山地に生育する。

写真はクリックで拡大できます。