和名:ユキヤナギ(雪柳)、コゴメバナ(小米花)、コゴメヤナギ(小米柳)

英語名:Spiraea thunbergii, Thunberg spiraea, Thunberg’s meadowsweet

学名:Spiraea thunbergii

観察難易度:★☆☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、バラ類I、バラ目、バラ科、シモツケ属

生活環:落葉樹

形態:低木。地際から幹を多数出す。枝先はやや枝垂れる。高さ2m。

葉:互生。狭披針形。鋭鋸歯縁。長さ2~4.5cm。

花:散形花序。枝に沿って多くの花序が連なってつくため、全体の形は細長くなる。花弁は5枚、白色。花期は5月。

果実:袋果。10月に成熟する。

生育環境:道端。庭に植えられる。

分布:日本、中国。日本国内では本州(関東以西)、四国、九州。北海道に帰化している。

用途:庭園樹、花材。