低山~亜高山の日当たりの良い場所で見られます。『ヨツバ』と名がついていますが、葉のつき方は3~5輪生と幅があります。同属に、秋の七草のひとつフジバカマがあります。

和名:ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)

英語名:

学名:Eupatorium glehnii, Eupatorium hakonense, Eupatorium sachalinense

観察難易度:★★☆☆☆

分類:被子植物門、真正双子葉類、コア真正双子葉類、キク類、真正キク類II、キク目、キク科、ヒヨドリバナ属

生活環:多年草

形態:直立型。高さ1~1.5m。

葉:3~5輪生。長楕円状披針形。長さ20cm。鋭鋸歯縁。先は尖る。基部は円形。

花:頭状花序が散房状につく。頭状花序は筒状花のみで舌状花はない。花冠は淡紅紫色。花期は7~9月。

果実:痩果。

生育環境:低山~亜高山。日当たりの良い場所。

分布:日本、サハリン、千島列島。日本国内では北海道、本州、四国、九州に分布する。

用途:—

法規制等: —

見分けのポイント:葉は3~5輪生。