花が咲き終わると、花びら(花被片)が細長く伸びて、白い綿毛状になります。毎年7月頃、各地の高層湿原ではワタスゲ群落が見頃を迎えます。別名のスズメノケヤリは、綿毛を大名行列で使われる『毛槍』に例えたものです。

和名 ワタスゲ(綿菅)、スズメノケヤリ(雀の毛槍)

英語名 hare’s-tail cottongrass, tussock cottongrass, sheathed cottonsedge

学名
Eriophorum vaginatum L.
Eriophorum caespitosum Host
Eriophorum caespitosum var. humilius E.Mey.
Eriophorum callithrix Lange
Eriophorum callitrix var. erubescens Fernald
Eriophorum fauriei E.G.Camus
Eriophorum kerneri Ullep.
Eriophorum scabridum Ohwi
Eriophorum spissum Fernald
Eriophorum spissum var. erubescens (Fernald) Fernald
Eriophorum vaginatum f. erubescens (Fernald) B.Boivin
Eriophorum vaginatum var. fauriei (E.G.Camus) Kitag.
Eriophorum vaginatum var. spissum (Fernald) B.Boivin
Eriophorum vaginatum ssp. spissum (Fernald) Hultén
Linagrostis vaginata (L.) Scop.
Plumaria vaginata (L.) Bubani
Scirpus fauriei (E.G.Camus) T.Koyama
Scirpus vaginatus (L.) Salisb.

観察難易度 ★★★☆☆

分類
門  :被子植物門
無階級:単子葉類
無階級:ツユクサ類
目  :イネ目
科  :カヤツリグサ科
属  :スゲ属
種  :ワタスゲ

分布 北半球の温帯~寒帯に広く分布する。日本国内では北海道、本州中部以北に分布する。

生育環境 低地~山地。高層湿原。

生活環 多年草。

全体の特徴 株立ちになる。高さ20~50cm。

 やや硬い。鞘状の葉が1~2個つく。

 根出葉は幅1~2mm、断面は三角形、縁はざらつく。互生。

 茎頂に小穂が1個つく。花期は6~8月。

果実 花後に花被片が伸びて白い綿毛状になる。

種子 —

見分けのポイント エゾワタスゲは高さ10~30cm、株立ちにならない。

成分 —

用途 観賞用

法規制等
環境省レッドデータブック2014(環境省):なし
北海道レッドデータブック2001(北海道):なし
世界の侵略的外来種ワースト100(国際自然保護連合):なし
日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会):なし
生態系被害防止外来種リスト(環境省):なし
北海道ブルーリスト2010(北海道):なし